経済教育学会 第39回全国大会

 2023年9月30日(土曜)~10月1日(日曜)

 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC) エポック立命21 *地図

「変化する世界へ向けた経済教育」

 コロナ禍で分断される社会、ウクライナ危機とエネルギー問題、世界的に加速するインフレ、そして円安…。私たちは今、予測もしなかったような出来事が生じ、それによって大きく変化させられる社会経済を生きています。また、人工知能など、著しい技術革新は、産業構造や労働のあり方をも大きく変革しようとしています。  そのような中にあって、経済教育の果たす役割とは何でしょうか。本大会では、変化する世界の動態を踏まえた経済教育と人材育成の在り方について、国際的、地域横断的に、また初等中等教育、高等教育の総合的な観点から再考します。「立命館」とは、『孟子』の尽心章句に由来し、「学問を通じて、自らの人生を切り拓く修養の場」を意味します(立命館大学H P「立命館名称の由来」)。激動する現代社会の中で、学生が自らの人生を切り拓く力を育む経済教育とはどうあるべきか、考え、議論する機会を提供できれば幸いです。  企画シンポジウムでは、「経済教育におけるクリエイティビティー」と題して、既存の枠組みにとらわれず、変化する社会を見据えた創造的な経済教育の方向性について、議論を深める予定です。

主催 経済教育学会
 

第1日(9月30日(土曜)*時間未定)
会場:立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC) エポック立命21(エポックホール)
シンポジウム「経済教育におけるクリエイティビティー」
パネルディスカッション(司会:高橋圭子(実践女子大学))
   市野泰和(立命館大学)
   西尾圭一郎(愛知教育大学)
   水野雄人(東京都立東久留米総合高等学校)

企画セッション申込み(受付期間:2023年2月15日〜4月15日)
 企画セッションとは、特定のテーマについて、代表者がオーガナイズして企画・運営するセッションです。代表者は代表者情報、企画セッションのタイトルと要約(400字程度)、発表者氏名(4人以上)と所属を明記の上、下記フォームより期間内に申請してください。
 企画セッション申込みフォーム

分科会報告申込み(受付期間:2023年4月16日〜6月15日)  発表者氏名、所属、連絡先、発表タイトル、要約(400字程度)を明記の上、下記フォームより期間内に申請してください。
 分科会報告申込みフォーム

*尚、各発表者は後日、発表資料を提出する必要があります。

《問い合わせ先》
経済教育学会 第39回全国大会実行委員会(委員長 徳丸夏歌)