本会会員の執筆小説が 文部科学大臣 萩生田光一氏 の推薦を賜りました

水野勝之(ペンネーム 水之夢端)会員,土居拓務(ペンネーム 椋田撩)会員による共著小説が刊行されました。

『ジビンカ・レストラン シャッター街の奇跡の再生物語』 水之夢端,椋田撩,東京図書出版,1760円(税込み),2021年3月16日発刊(3月5日発売開始)

2005-2009年に明治大学商学部のゼミ活動の一環として行った大学生運営の空き店舗事業(群馬県嬬恋村アンテナショップ)の経験をもとに執筆いたしました。現在の文部科学大臣 萩生田光一氏より推薦のお言葉を賜っております。

【推薦の言葉】 学生達の柔軟な発想と商店街の頑張りは真に『地方創生のヒント』です。 文部科学大臣 萩生田光一

高等学校のキャリア教育授業,大学のアクティブラーニング授業の教材にも最適です。